【赤裸々告白】駐在員の本音《子供の学校選び・学費編》

f:id:usakolog:20210226070558p:image

 ある日突然、海外赴任がが決まったら子供を連れていくべきか悩みますよね。子供にどんな教育を受けさせたいと思うかはそれぞれだと思います。我が家の決断と学費などの現状をお伝えします。

 

 

学校選び

海外赴任が決まって、やはり気になるのは子供の学校ですよね。

アメリカですと、「現地校+補習校」「日本人学校」という選択肢が多いと思います。

非英語圏ですと、「現地校」「日本人学校」「インターナショナルスクール」「アメリカンスクール」などの選択肢があります。

どうして我が家が「インターナショナルスクール」に決めたのかというと、消去法です。

日本人学校」ですが、せっかく海外で暮らすのだから、日本人学校なんて絶対ダメ!と頭から、却下されました。

アメリカンスクール」ですが、こちらは英語が話せる子しか入学させませーん。と最初から門前払いされました・・・。

ということで、

インターナショナルスクール」に決定したわけですが、そうはいっても、すべての学校を子供と見に行きました。

直接、学校の環境をみて、先生と話してみて、ここだと思った学校に最終的には決めました。

日本人学校

メリット 
  • 日本人としての教育が充実。帰国時の勉強の遅れを心配しなくていい
  • 子供が比較的なじみやすい。
  • 日本人コミュニティーに入りやすい。
  • 学費が安い
デメリット
  • 海外生活している気がしない。
  • 海外にいても英語が話せるようにならない
  • 親同士の付き合いが濃密で、距離感を保つのが難しい。

インターナショナルスクール

メリット
  • 英語が話せるようになる
  • 日本にはないユニークな授業が受けられる
  • 様々な国の子供と出会うことで視野が広がる
デメリット
  • 日本の勉強が遅れる
  • お行儀が悪くなる。
  • 親同士の交流には相当な努力が必要。
  • 学費が高い

インターナショナルスクールに行って大変だったこと

入学した当初、毎日学校に送って行って、先生に挨拶をしてから帰っていました。教室に入った我が子をこっそり見ていると、いつも一人だったんです。

気になったある時「今日はお昼ご飯誰と食べたの?」と尋ねたら「いっつも一人だよ」と明るく答えたんです。私は返す言葉に詰まりました。

そりゃそうですよね。言葉も通じない転校生と、あえて遊ばなくてもとなりますよね。親としては涙が出ました。日本の幼稚園では机にみんなで並んで食べていたのに。

でも、そこを自分で乗り越えて成長していきました。休み明け学校に送っていくと、はしって行って友達とハグをして再会の挨拶をしたんです。そのあとも周りにはいろんな人種の子が集まってきて次々に抱き合っていました。日本では見かけないコミュニケーションのとり方に胸がほっこりしました。

困った時は自分で解決するしかないこと、つたない言葉で意思を伝えること、こういった一つ一つの経験が子供自身に蓄積されて強くなっていく、けれどもそこには子供に大きなストレスを与えることには違いないのです。

  親として大変だったことNo.1は勉強を教えることでした。現地の学校も幼稚園とはいえ、算数やらレポートやらの宿題があります。それを初めの頃は親も必死で手伝いました。日本語ではわかっても英語ではさっぱりわからない問題も多く勉強になりました。

そして、日本語での勉強もかかせません。特に漢字と九九は家で覚えさせるのは大変でした。今だとwebの授業だとか、タブレットの通信教育もあると思いますが、結局は親が地道にケアしていく覚悟は必要かと思います。

英語が入ってくると、日本語が抜けていくんですね。会話も単語だけ英語になったりします。幼かったこともあり英語では言えるけど日本語ではなんと言えばわからないという言葉が増えて行きます。これを地道に教えていくことが必要になります。

インターナショナルスクールを選んで良かったこと

今考えてみると、英語が話せるようになったことは、子供にとって大きな財産になったと思います。

それだけではなく、日本では決して出会うことのできない様々な国の子供と手を取り合って、遊んだり、勉強したことで、物怖じしない子に育ったように思います。

帰国してからも地震や停電、断水なんかがあっても全く動じることもなく、多少のトラブルでは、まあこんなこともあるよね、と親よりも淡々としています。

またクラスには盲目の子供や事情があって、2学年ほど年上の子供がいたりして、言葉の壁や、人種だけではなく様々な角度から思いやったり、助けられたりしたことによって多角的に物事を考えられるようになった様に思います。

また、親も積極的にボランティアに参加しました。日本人なら折り紙を教えに行ったりお料理を作ったりします。こういったことで、

「あ、USA子?こないだ子供に面白いものを教えてくれたのね。ありがとう、今度うちに来て教えてくれない?」

などと声をかけられるようになり、他の国のお料理を教えてもらえたり、パーティーに招いてもらったりして、子供も私もこんな世界もあるのだと驚くような経験がたくさんできました。

日本人学校とインターナショナルスクールの学費と補助金

ざっくりのお話になりますが、

例えば、ニューヨークにある日本人学校ですと

f:id:usakolog:20210226022429j:image

このくらいの金額になります。

そう、日本人学校を学費が安いと書いてしまって、すみません!

ただ、インターナショナルスクールや、いわゆる私立の学校は、

同じニューヨークで見てみますと、3倍から4倍くらいの学費の学校が多いです。

私の娘の行った学校も、現地の日本人学校の3倍程度の学費でした。

他の国におられた方に伺いますと、やはりどの国でも日本人学校の学費の2倍から4倍程度の学費でした。

 

アメリカですと、もともと日本人学校はニューヨークやシカゴなどの大都市にしかありませんので、現地校に入って、土曜日は補習校に通われている方が一般的です。

現地校は基本的に無料ですので、補習校の費用はニューヨーク補習校ですとこのくらいです。

f:id:usakolog:20210226024827j:image

アメリカの駐在員の方にきいてみますと、毎週土曜に補習校に通わせるのは送り迎えや、体力的にきつくてやめてしまったとか、せっかくの土曜はほかのお稽古をさせたいから行っていないという方も、特に低学年のお子さんだとちらほらいらっしゃいます。

もちろん、補習校に行くと横のつながりもできて、週一回日本語で話せるのは楽しいと言ってるお子さんもいらっしゃいますし、親の情報交換の場にもなってよいかなと思います。

 一概には言えませんが、日本人学校でも恐ろしい高額の学費ですが、私の友人の駐在員の方は、日本人学校の学費額くらいまでを補助してくれるという会社の方が多かったです。

帰国子女枠で受験したいと思うのなら

受験の年の3年前から4年前、中学受験な小学2年、高校受験なら小学5年には、現地校かインターナショナルスクールなどに入学していないと、正直厳しいです。

ちなみに海外の日本人学校に通っても、帰国子女枠は受験できません。

たいていの学校が、現地の学校で2年以上在籍し、帰国後1~2年以内という条件が多いです。希望する学校がある方は、良く調べてから海外の学校選びをするのがよいかもしれません。

 実際、ご主人が帰任されても、母子だけ帰国子女枠の受験資格のために残って、条件に合う時期に帰国される方もいらっしゃいます。

最後に

駐在生活子供の学校選びは将来を左右するするかもしれないので、

よくご家族で話し合って決めてくださいね。

どうぞ良い学校が見つかりますように。

下記に海外生活に役立つ本をご紹介しておきます。

 

 

 

 

 

www.usakolog.com

 

 

www.usakolog.com