アメリカでコストコ会員になることはおすすめ?

f:id:usakolog:20210630103906j:image

アメリカにきて意外だったのは、周囲の人はあまりCOSTOCOに入会していないことでした。実際には会員になるとお得に買い物ができるのか、そして私がCOSTCOでしか買わないものをお伝えします。

 

私は以前の駐在時からCOSTCOがすきで

量は多いけれどなんでも安いし、

何も考えずに渡米時、すぐに入会しました。

 

日本では車で1時間ほど行かないとCOSTCOがなかったこと。

大量買いしたものを保管する場所がなかったことから

自分では会員にならず、たまに連れて行ってもらう程度でした。

 

ある時、周りの人に「年会費の元が取れるほど買い物するの?」

と聞かれてハッとしました。

確かに!うちは2人暮らしなのでそんな買ってないじゃん、実は損してる?

実際はどうなのかを検証してみました。

COSTCOの年会費

日本は個人会員が4400円

アメリカは60ドル(6600円$1=110円)

日本で入るよりハードルが高いです。

アメリカでも使えるので日本で会員になってきてもいいかもしれません。

 

年会費はアメリカの方が高いですが、

毎月お買い得品お知らせの手紙が届きます。

 

ガソリン

アメリカは車社会なので、通勤も車で行かれてる方がほとんどだと思います。

家庭で2台持ちというかたも少なくないでしょう。

 

こちらがレシートなんですが


f:id:usakolog:20210630101402j:image

f:id:usakolog:20210630101405j:image

写真のレシートは左がshellで給油

右がCOSTCOです。

トータル金額がたまたまおなじくらいなんですけど、単価をみてもらうと

1ガロン(3.79ℓ)あたり shellは$3.459

に対してCOSTCOは$2.899です。

1ガロンで56セントCOSTCOの方が安いです。

 

1回の給油が満タンで、約12ガロン(45.42リットル)入りますので、

1回の給油で、$6.7、COSTCOの方が安くなります。

 

例えばうちの場合で、

夫の車は通勤と休日のお買い物で使用、

2〜3週間に1回.給油しています。

平均をとって18日に1回給油すると仮定します。

 

1年で20回は給油するので、

$6.7✖️20回=$134

 

つまりはガソリンを2回に1回、

COSTCOでいれれば年会費は回収できてるってことですね。

 

我が家の場合、

家から10分もかからないところにCOSTCOがあるので、

2週間に1回は行きます。

ガソリンもCOSTCOで入れることが多かったので、

夫の車だけでも知らぬ間に年会費は元が取れてました。

 

 

COSTCOでしか買わないもの

 

トイレットペーパー


f:id:usakolog:20210630105954j:image

f:id:usakolog:20210630110647j:image


$16.99 (30ロール入)

日本に比べると割高に感じるかもしれませんが、

紙質もよく柄入り、スーパーで買うより品質と量もとコスパがいいです。

 

テッシュペーパー


f:id:usakolog:20210630110840j:image

f:id:usakolog:20210630110904j:image

$18.99    10ケース入り

 

日本のティッシュと並べてみましたがら大きさも質もかなりいいです。

 

お水

f:id:usakolog:20210630111755j:image

700ml✖️24本  $4.99

 

アメリカではお水は買うのが一般的。

でも、硬水なので美味しくないんです。

 

私はミネラルウォーターのテキサス産の

「ozarka」を購入しています。

味は日本のミネラルウォーターのような甘さはないですが、

個人的には、クリスタガイザーよりおいしいと思います。

f:id:usakolog:20210706104013j:image

 コストコブランドのものも含め

「Purified Tap Water」とかいてあるものは

水道水を濾過したものです。

コストコブランドのこちらのお水は

500ml✖️40本で$2.99と格安で購入できます。

 

洗剤

 

f:id:usakolog:20210701025546j:image

洗濯用、食器洗い機用

$29.99 $15.99

 セールで安くなることも!

 

f:id:usakolog:20210630113952j:image

 PASTURE RAISED EGG    $6.99 24個入り

 

我が家はチャレンジしていませんが、

これは生で食べてる人がいるほど、新鮮で良質です。

 

これらの商品は質と量を考えると、

他のスーパーで買うよりかなりお得です。

 

基本的にCOSTCOは、

良いものをより安く提供することに自信を持っているため

返品ポリシーも

「満足できなかった商品は何でも返品可能」

となっています。

 

確かに商品を見てみると品質も良いし、

他で買うよりも、安いです。

 

ヨーグルト 


f:id:usakolog:20210701024046j:image

f:id:usakolog:20210701024049j:image

ACTIVA       $8.99    24個入り

日本のダノンビオと同じ商品

 (ストロベリー、バニラ、ピーチ)

どれも 日本とは味は少し違いますが甘さ控え目でおいしいです。

日本1つが75g入りですが、

アメリカは113g入りで少し多めです。

 

COSTCOではアメリカで人気の

「Chobani」のヨーグルトも安く購入できるのですが、

私にはコッテリ系で量が多すぎるので

我が家はこちらをいつもこちらを購入しています。

 

洗剤

f:id:usakolog:20210701025917j:image

Method Antibac All-Purpose  $7.99 3本セット

 

家中のお掃除に使えるmethodの除菌タイプも

スーパーだと1本で$5近くはするので

COSTCOで買えばかなり安い!

 

まとめ

f:id:usakolog:20210707004304j:image

 結論としてはアメリカではCOSTCO会員にならないとむしろ損です!

巨大なホットドッグも飲み物つきで$1.5で食べられたりします。

 

そして今回ご紹介した、誰もが生活で必ず使うものを買うだけで

年会費を考えても十分にお得ですし、

アメリカのコストコは季節に応じて陳列やラインナップも工夫されていて見ているだけでも楽しいです。

もしまだ会員になっていない方は、入会を検討されてみてはいかがでしょうか。