ダラス空港でPCR検査【日本行きの陰性証明書発行可能】

f:id:usakolog:20210710062043p:image

ダラス空港に待望のPCR検査センターがオープンしました。検査して60分で結果がでます。また日本政府指定の陰性証明書の発行も可能になりました。

 

場所


f:id:usakolog:20210718052828j:image

f:id:usakolog:20210718052831j:image

ダラスフォートワース空港


ターミナルD-D7 セキュリティーゲート内側

ターミナルD-D22 セキュリティーゲートに入る前

ターミナルD–D40 セキュリティーゲート内側

 

セキュリティーゲートの中と、外の両方にあるので

アメリカ各地からの乗継ぎでも、ダラスからの出発でも

どちらでも対応が可能に!

 

時間

毎日 AM5時~PM23時まで

 

検査の種類と料金

Rapid RT-PCR $249.00

60 分で結果通知


RT-PCR (Express) $249.00
AM10:30までに受ければその日中に結果通知


RT-PCR $199.00
 48時間で結果通知

 

Rapid Molecular (NAAT) $199.00
60分で結果通知

 

Rapid Antigen $79.00
60分で結果通知

 

Rapid Antibody $79.00
60分で結果通知

 

日本行きに必要な検査は?

Rapid Molecular (NAAT)という$199の検査です。

 

こちらの検査が、下記厚生労働省の求めている検査の中の

「NEAR」に該当します。

f:id:usakolog:20210710054233j:image

日本へ入国するためには

すべての入国者は、出国前72時間以内

コロナの検査を受け、医療機関等により発行された

陰性証明書を提出する必要があります。

提出できない場合は日本上陸が認められません。

 

アメリカから日本への入国の流れ

①出国前72時間以内に実施した検査の陰性証明書を用意

②問票Webの事前登録

質問票の提出について|厚生労働省

③スマートフォンのアプリ4種類のインストールと設定

https://www.mhlw.go.jp/content/000752493.pdf

④検疫で誓約書の提出

検疫所が確保する宿泊施設での待機・誓約書の提出について|厚生労働省

⑤到着後のPCR検査

⑥出発空港によっては3日間の強制隔離

⑦14日間の自主待機

 

まとめ

今までダラス空港にはアメリカン航空利用者のみ

利用可能な検査センターしかありませんでした。

 

こちらの検査センターがオープンしたおかげで、

アメリカ国内の乗継ぎの方だけではなく、

南米からお越しの方などで

72時間以内の陰性証明書が発行できなかった方も

安心して日本に帰国できますね。

 

日本へ出発する当日に受ける場合は、余裕をもって空港へ行かれることをお勧めします。

 

ご利用の際は下記の公式ホームページから予約してください。

www.collinsongroup.com

 

日本からアメリカへ戻ってくる際のPCR検査に関しては

下記の記事がおすすめです。

www.usakolog.com