アメリカのおすすめ日焼け止め比較レビュー(べたつかない?)

f:id:usakolog:20210727065026j:image

アメリカにも沢山の日焼け止めが売られています。でもどれもべたついたり、匂いがきつかったりして、ビーチならともかく普段には使い辛いですよね。実際に買ってみて、使い心地を試してみました。

 

日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶとき、紫外線A波と紫外線B波の防御が必要だととよくききますよね。

日本では、

紫外線A波は、紫外線の90%以上を占めるもので、長時間かけてメラニン色素を発生させ、肌の奥に届き、シワやたるみの原因になると言われています。

こちらは、「PA++」とプラスの数で効果が表記されています。

 

紫外線B波は、短時間で肌に炎症になり、肌を赤くしたりヒリヒリさせる紫外線で、その後肌の黒くなり、シミソバカスや皮膚がん原因になると言われています。こちらは、「SPFの数値」で効果が示されています。

 

 

アメリカでは

「SPFの数値」「Broad Spectrum」という2種類の表記になっています。
紫外線A波と紫外線B波の両方をブロックできる効果があるのは、SPFの数値が高くBroad Spectrumとかかれているものです。

日本のようにPA効果の高さの表記はありません。

 

アメリカ人は日焼けを好んでいる様子はビーチやプールでは一目瞭然です。

日本人は徹底的に焼きたくないという方が多いですよね?

アメリカ文化的に、女性でも日焼けした肌を好みます。

胸元のシミはお金持ちの象徴とか

(どれだけリゾートに行ける余裕があるかということらしいです)

でも、皮膚がんのリスクだけは抑えたいということで、SPFの数値は高いものが売られています。

その割にメラニン色素には無頓着なようで、PA効果のない商品も結構多いです。

日本人はアメリカ人に比べ、メラニン色素が活性化しやすいため、日本のPA+に相当するBroad Spectrumと表記されている商品を選ぶといいでしょう。

 

紫外線B波の防御でいうと、徹底してますね。SPF100などの、商品があります。

日本では絶対に見かけない数値、正直気になりますよね。私も気になって使ってみました。

それでは、アメリカの日焼け止めを使用してみた感想をお伝えします。

 

Neutrogena Ultra Sheer Dry-Touch SPF 100+


f:id:usakolog:20210727044259j:image

 

ニュートロジーナは、アメリカで皮膚科の先生も推奨している商品です。
Broad Spectrumも入っておりUVA-UVBから肌を守ります。
ABAフリーで吸収が速く、べたつかない、毛穴を詰まらせないと説明にあります。

SPF100ということで、もっとこってりしているのかなと想像してたよりは柔らかいテクスチャーでした。

肌になじみもよく、白浮きはしません。

香りはわずかですが、日焼け止め独特の香りがします。

ウルトラシアーとなっていますが、少しペタペタします。

思ったより肌には優しい感じです。

日焼け止め効果は、今回SPF100に期待してビーチで数日間使用したところ、ほんのり焼けたかな?くらいでした。

かなり効果はあったようです。

 

ニュートロジーナの日焼け止めは、敏感肌用や、更にSPF110というものもあります。

次回は110も買ってみようかなと思っています。

 

 

 

Coppertone Limited Edition ULTRA GUARD SPF 70 


f:id:usakolog:20210727044252j:image

日本でもおなじみのコパトーンです。

Broad Spectrumも入っておりUVA-UVBから肌を守ります。

肌にべたず、保湿剤とビタミンEで肌に栄養を与え、潤いを与えると説明にあります。

コパトーンなので、元祖日焼け止めというこってりとした固めのテクスチャーです。

しっかりとなじませる必要があり、べたっとしています。

香りも昔ながらのコパトーンの香りです。

ビーチで使うなら、これをたっぷり塗って泳ぎたいなと思うような昔ながらの日焼け止めです。バナナボートに似た感じです。

昔から海へ行くときの日焼け止めといえば、コパトーンだったので信頼感があります。

プールサイドでべったり塗ってみましたが、さすがコパトーン。全然焼けていませんでした。

 

こちらはリミテッドエディションなので、パッケージがよく変わりますが、下記が同じ商品です。子供用もあります。

 

 

 

Aveeno Protect + Hydrate SPF 60
f:id:usakolog:20210727044306j:image

アビーノはアメリカで皮膚科の先生も推奨している商品です。ベビー用品もよく見かけます。
こちらの日焼け止めも、Broad Spectrumも入っておりUVA-UVBから肌を守ります。

オーツ麦で作られた毎日の顔の日焼け止めは、一日中肌に深く潤いを与え、柔らかくしっとりとした感触を残します説明にあります。

アビーノはジョンソン&ジョンソンのグループ会社から発売されています。特に敏感肌にも使える保湿剤で有名で私も普段から愛用しているブランドです。

テクスチャーは写真ご覧いただくとわかりやすいと思いますが、かなり柔らかいです。

日本でも、お馴染みの日焼け止め、スキンアクアのテクスチャーに一番近いです。

なじみやすく、べたつきもほとんどありません。

香りはかすかなココナッツの香りです。

塗るときには匂いがしますが、しばらくたつとほとんど感じなくなる程度です。

べたつきもほとんどなく、塗りやすさは、アメリカの日焼け止めの中でダントツ1位です。

 私の購入したものは、SPF60 ですが、30、50、70と、色々あります。

 

 

Coppertone Pure Simple Mineral SPF 50
f:id:usakolog:20210727044256j:image

おなじみのコパトーンで、天然由来の活性酸化亜鉛成分に基づいた100%ミネラルの日焼け止めです。茶葉、海昆布、ロータスエキスなどの栄養価の高い植物を配合した、低アレルギー性で涙のないミネラル活性日焼け止めで、PABA、パラベン、フタル酸エステル、染料、アルコール、硫酸塩、香料も含まれていませんと説明にあります。

Broad Spectrumも入っておりUVA-UVBから肌を守ります。

テクスチャーは柔らかくはありませんが、良く塗り込むとなじみます。

白浮きもしません。香りはないです。

塗った直後はべたつきますが、しばらくするとなじんできます。

香りがないので、日常使いにありがたいです。

ただし、たくさん塗るとなじむまでに時間がかかって、洋服やカバンについてしまうので注意してください。

 

 

 

Neutrogena Ultra Sheer Dry-touch SPF30


f:id:usakolog:20210727044312j:image
こちらも同じくニュートロジーナです。
Broad Spectrumも入っておりUVA-UVBから肌を守ります。
ABAフリーで吸収が速く、べたつかない、毛穴を詰まらせないと説明にあります。

SPF100のものに比べるとテクスチャーは柔らかいです。

肌なじみは悪くはありませんが、やはりぺたぺたします。

また、香りは日焼け止め独特の香りですが、同じニュートロジーナのSPF100よりなぜかきついです。

日常使いなら肌に優しいのでいいかもしれませんが、プールなどでは日焼けを防げません。

たっぷり塗布して1時間ほどプールサイドにいたら、かなり焼けてしましました。

香りも強めなのであまりお勧めしません。

 

 

日本の日焼け止めスキンアクアSPF50 PA++++

f:id:usakolog:20210728061720j:image

日本人におなじみのスキンアクアです。

他の日焼け止めとの違いを比較するために購入しました。

さらっとして塗りやすく、すぐになじみます。

べたつかず、香りもなくて 使い勝手がやはりいいです。

日本では日常的に使用していました。

この日焼け止めがお好きな方は、ココナッツの香りが苦手でないのであれば、アビーノがいいかなと思います。

 

日本の製品がどうしてもいいという方は、アマゾンで購入できますよ。

スキンアクアトーンアップも日本で人気の商品ですよね。

肌が白塗りという訳ではないけれど色白に見えるのでいいですよ。

 

 

顔用としては


f:id:usakolog:20210809040214j:image

f:id:usakolog:20210809040246j:image

個人的に顔だけは、強すぎて荒れても怖いので、日本でも人気のこちらの商品を使っています。

ラロッシュポゼはアメリカの薬局などでも気軽に手に入りますし、エリクシールのおしろいミルクはアメリカのアマゾンでも買えるので安心。

エリクシールはSPF50ですが肌に優しく、乳液代わりに使えてうるおいます。自然なつやがでるのでお気に入りです。

ラロッシュポゼは色付きなので、エリクシールの上にファンデーション代わりに塗ることで、完全に紫外線をカットできるように使っています。

 

 

アフターケアー

アメリカの日焼け止めは結構強いものも多く、肌に残りやすいです。

肌にのこったままだと、炎症を起こしたり肌トラブルの原因となります。

石鹸では落としきれないことも多いため、メイク落としなどを使用するか、

下記のニュートロジーナのリムーバーで背中などもふき取ると安心です。

旅行にも携帯しやすいので人気商品です。

 

 

また、裏技メイク落としで人気をはくした赤ちゃん用のボディーシャンプーをご存知ですか?

赤ちゃん用ということで、肌に優しいのにアイメイクもばっちり落ちるということで、大人気になりました。

こちらを使って体を洗うとウォータープルーフの日焼け止めも落とせるため、おすすめです。

 

まとめ

今回は日焼け止めをご紹介しました。

今回ご紹介したアメリカの日焼け止めの中で、アウトドアに使用するとして、バランスがとれてるものは「Coppertone Pure Simple Mineral 」かなと思いました。

日焼け止めは、何度も塗りなおすので肌に優しいけれど、水にも負けないしっかりした感じです。香りがないというのもお気に入りポイントです。

ちなみに夫は「Aveeno Protect 」が塗りやすくて1番気に入っているそうです。香りもほのかで好きな香りだそうです。私も普段使いには、塗りやすさの観点で1番使いやすいかなと思いました。

 

アメリカ人のなかでは、コパトーンのスプレータイプが1番人気です。

海でもプールでも1番よく見かけます。

背中や髪にもかけられて便利ですね。

 

 

日焼け止め、用途やお好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。