ヒューストン観光はNASA ジョンソン宇宙センター完全攻略法

f:id:usakolog:20210826085440j:image

 

ヒューストンといえば、NASAを思い浮かべませんか?いつか行ってみたいと思っていた宇宙センターに行ってきました。

 

 

 

 

ヒューストンの宇宙センターとは

f:id:usakolog:20210828065034j:image

ヒューストンの宇宙センターは、NASAの宇宙開発の重要拠点のひとつで、アメリカのの宇宙飛行士が実際に訓練を受けたり、宇宙開発事業の研究をおこなったりしているジョンソン宇宙センターの一部を一般公開している施設です。

アポロ11号計画で有名となった管制室などコントロール施設や、月面着陸を成し遂げた最大のロケット「サターンV」を見学できます。また、運が良ければ宇宙飛行士が実際訓練するのを見ることができるかもしれません。そして、本物の月の石や火星の石に触れたり、実物のボーイング747の飛行機の内部や、上に搭載されたインデペンデンス号のレプリカの内部に入ることができる貴重な体験が目白押しです。

宇宙センターへの行き方

車・レンタカー

ダウンタウンから約30分

(Uberで約$40)

公共交通機関で行く場合

246番のメトロバス(約1時間)

平日のみ運行・下記のリンクで要時間確認

METRO | Public transit | Houston, Texas | Bus | Rail | Park & Ride

ダウンタウン発のツアー

Houston City and NASA's Space Center Sightseeing Tour 2021

 

 

駐車場

宇宙センターの駐車場が1日$5とホームページに表記がありますが

私が訪問した時は無料でした。

 

料金

f:id:usakolog:20210827054203j:image

大人       $29.95

子供 (4〜11歳)  $24.95

3歳以下      無料

シニア (65歳以上)$27.95 

トラムツアーなども含まれています

 

一般入場券以外に

●宇宙エキスパートツアー
●宇宙飛行士との朝食ができるツアー

などは公式ホームページから要予約

https://spacecenter.org/

(レベル9ツアーは現在催行されていません)

  

 

 

※ヒューストン観光で他の施設も訪れる場合は、CityPassがおすすめ。

 Official Houston CityPASS® | Visit 5 Houston Attractions for $64

 

f:id:usakolog:20210827054430j:image

 ※シティパスをご利用の際は、チケットブースに行く必要はないのでそのまま列に並びましょう。

営業時間

月曜~金曜 10時~17時

土曜・日曜 10時~18時

※下記ホームページで要確認

https://spacecenter.org/

服装と持ち物

f:id:usakolog:20210827054642j:image

お水などは持ち込めますが、食べ物や大きな荷物は持ち込めませんのでご注意下さい。

室内は冷房がきいていますが、トラムツアーは外なので脱ぎ着しやすい服装がいいでしょう。また、現在はマスクを着用しないと入館できません。

 

おすすめの見学方法

f:id:usakolog:20210828055025j:image

宇宙センターを楽しむためには、少なくとも3時間、できれば半日はスケジュールをとっておくといいでしょう。

また、一番の人気アトラクションであるトラムツアーの参加を考えると、開園時間を目指して訪問することをお勧めします。トラムには朝一番で乗って、あとで他のエリアを散策して行くと効率的。トラムは午後はかなり混雑します。

 

トラムツアー

早速トラムツアーを目指しましょう。1番人気のアトラクションのトラムツアーは、ジョンソン宇宙センターの人気スポットに連れて行ってくれます。

トラムツアーは現在、予約が必要です。入園したらアプリかインフォメーションでお好みのツアーを予約します。赤丸をつけた場所がインフォメーショントラム乗り場です。

f:id:usakolog:20210828015101j:image

ツアーは現在3種類ありますが、天候や日によって催行されるツアーが違います。

f:id:usakolog:20210827060816j:image

現在催行されているツアーは写真の通り

 

レッドツアー(30分〜40分)

ロケットパークとサターンVの見学と、アポロ13の像の見学

 

ホワイトツアー(60分)

ミッションコントロールセンターの見学

 

ブルーツアー(45分〜60分)

宇宙飛行士訓練施設とロケットパークとサターンVの見学

 

 

私の行った日はホワイトとブルーのみの催行でした。

(レッドツアーに記載のアポロ13の像はロケットパークの室内にあるのでブルーツアーでも見学できます。)

 

ブルーツアー


f:id:usakolog:20210828013832j:image

f:id:usakolog:20210828013829j:image

f:id:usakolog:20210828013826j:image

予約するとプレートに予約時間と名前を書いたプレートがもらえますので、時間になったらトラムの入口へ。


f:id:usakolog:20210827063642j:image

f:id:usakolog:20210827063629j:image

f:id:usakolog:20210827063635j:image

まず到着したのは9号館の宇宙飛行士訓練施設。

2階のガラス張りの見学通路から見学することができます。私が訪問したのは日曜日で実際の訓練の様子などは見られませんでした。

日本の「きぼう」もありました。説明にカッコがきで「HOPE」と書かれているのが良いですね!

ここではミッション中に発生する可能性のある緊急事態に備えるため、約200のトレーニングコースがあるそうです。まさにここで、日々宇宙に行くための研究や訓練が行われているのだと思うと感動しました。まさに映画の中の世界です。

 

f:id:usakolog:20210829013103j:image


f:id:usakolog:20210829013248j:image

f:id:usakolog:20210829013203j:image

f:id:usakolog:20210829013324j:image

ホワイトボードにメッセージが!
こういうところがおしゃれですねー。

 

次にトラムで向かったのはロケットパーク。


f:id:usakolog:20210827065137j:image

f:id:usakolog:20210827065134j:image

屋外にはアメリカの初の有人での宇宙飛行で使用された「リトル・ジョー2」と「レッドストーン・ロケット」の実物を見ることができます。

室内にはアポロ計画で使用した「サターンVロケット」が保管されています。先端がアポロ18号で使われるはずだった部分。サターンVは最も背が高く、重く、最も強力なロケットだそうです。

1967年から1973年にかけて飛行したこのロケットは、26人の宇宙飛行士を宇宙に打ち上げ、6回のミッションで月に人を着陸させました。

 

f:id:usakolog:20210827065539j:plain

f:id:usakolog:20210827065503j:plain
f:id:usakolog:20210827065506j:plain

 

トラムは最後、

「インディペンデンス・プラザ」に

f:id:usakolog:20210827070609j:image

写真の下の飛行機は、スペースシャトルを輸送するために開発し利用していた本物の飛行機(ボーイング747)です。上部に乗っているのがスペースシャトルのレプリカです。

(こちらはツアーに参加しなくても見学可能です。スターシップギャラリーとつながっています。)


f:id:usakolog:20210828012910j:image

f:id:usakolog:20210828012907j:image

コックピットも本格的。


f:id:usakolog:20210828013013j:image

f:id:usakolog:20210828013016j:image

f:id:usakolog:20210828013009j:image

宇宙服や、トイレまで見学できます。

ホワイトツアー 


f:id:usakolog:20210828014002j:image

f:id:usakolog:20210828014008j:image

f:id:usakolog:20210828014005j:image

アポロ13を見てからやってきた我が家は、やはりあのミッションコントロールセンターを見学したかったので、ホワイトツアーにも参加。

こちらでは、到着後色々な注意事項があり、大きな荷物と飲み物類は持ち込みを禁止だと言われた為、入館後1階で持っていた水などを捨てました。(調べられるわけではないので持ってる人もいると思いますけど日本人は真面目なので捨てましたww)

階段で4階くらい上がったところに管制室が!

ここにまさに映画通りの場所が。

f:id:usakolog:20210828014657j:plain

ガイドさんが

「ここは、かつてエリザベス女王や多くのVIPが月との交信を見守った場所です。そうここに座れるということは、皆さんはまさにVIPであるということです」とアメリカンジョークから始まりました。

ビデオが流されしばらく座って見学します。かつてのアポロ計画には、相当な政治的圧力があったことも驚きでしたが、目の前の古めかしい機器、物理の計算式までアナログすぎて、これで月に行ったなんて奇跡的だなと思ってしまいました。自分が生まれる前に既にこんな計画が成功していたのですから、今を生きる自分が無力であるか思い知らされました。

 

是非アポロ13をみてから行ってくださいね。

U-NEXTでは無料で見ることができました。

U-NEXT無料お試しはこちら

 

ホワイトツアーは、こちらの見学のみで終了です。

このあとはリビングスペースへと戻ります。

スターシップギャラリー

トラムツアーの次に見逃せないエリアです。

メインプラザ横のデスティニーシアターでは、15分ほどドキュメンタリー映像が常時繰り返し流されており、これを見てから奥のスターシップギャラリーに進むといいでしょう。トラムツアーに参加していない場合はギャラリー奥から外のインデペンデンスプラザに出て飛行機とスペースシャトルを見学してくださいね!

 

f:id:usakolog:20210828030326j:image

 月面着陸

f:id:usakolog:20210828030439j:plain
f:id:usakolog:20210828030442j:plain

 アポロ計画の月面着陸に関する展示物がたくさんあり、見どころ満載です。

 

 宇宙ステーションの暮らし


f:id:usakolog:20210828065730j:image

f:id:usakolog:20210828065733j:image


宇宙ステーションの再現模型の中にも入ることができます。

写真を見るとまるで本物みたいですが、実物大の模型で、宇宙での食事やシャワーの様子が展示されています。微妙に動いているものがあったりして笑ってしまいました。

 

 月の石に触れる


f:id:usakolog:20210828030743j:image

f:id:usakolog:20210828030740j:image

また、こちらでは世界で8か所しかない、実際の月を触ることができる場所です。

生まれて初めて地球上以外にあるものを触りました。たくさんの人が触っているせいか、つるつるとした感触の御影石のような感じでした。

訪問の際にはぜひ体感してみてください。

 

メインプラザ

f:id:usakolog:20210828055506j:image

中央に位置するメインプラザには、様々な体感できるコーナーが目白押しです。

子供に大人気のエリアです。

体験コーナー
f:id:usakolog:20210828032353j:plain
f:id:usakolog:20210828030951j:plain
f:id:usakolog:20210828030954j:plain
火星の石に触れる

f:id:usakolog:20210828031453j:image

f:id:usakolog:20210828031450j:image

メインプラザにある火星の展示物コーナーに、火星の石に触れることができる場所があります。こちらは、月の石よりは少しざらざらした感じでした。こちらもぜひ立ち寄ってみてくださいね。こちらは最新の展示コーナーで火星についてのさまざまなNASAのプロジェクトについて学べます。火星へ人をおくるための課題、開発されている乗り物などについて見学しましょう。

 

シュミレーター

f:id:usakolog:20210828031649j:image

f:id:usakolog:20210828031646j:image

f:id:usakolog:20210828031643j:image

スペースシップの 離着陸の際の景色などを体感できるシュミレーターや、右の写真のようにプリクラが撮れる宇宙船?もあります。

 

リビングスペース

f:id:usakolog:20210828031741j:plain

メインエリアに併設されている舞台で宇宙での生活、食事やトイレ、眠るときの様子などについて、目の前で実物をみせながら説明してくれます。舞台の装置が魅力的で英語が得意でなくても見ているだけでも楽しい仕掛けがあります。時間があれば覗いてみてください。

 

スペースセンターシアター

f:id:usakolog:20210828055711j:image

こちらの施設の中で一番大きなシアターです。

私が見たのは宇宙での暮らしのについての約30分ほどの映画でしたが、他にもいろいろ上映されているので、興味のある方は事前にプログラムをチェックしてみてください。

f:id:usakolog:20210828031843j:image

ギャラリー

f:id:usakolog:20210828060004j:image

宇宙に関する様々な展示があります。

f:id:usakolog:20210828032253j:plain
f:id:usakolog:20210828032300j:plain
f:id:usakolog:20210828044357j:plain


お食事

コロナ禍ということもあると思いますが、軽食が売られています。食事がとれる場所はこちらのフードコートエリアのみです。特に惹かれるものがなかったので、我が家は食事はしませんでした。

f:id:usakolog:20210828044528j:image

 

f:id:usakolog:20210828044544j:plain
f:id:usakolog:20210828044540j:plain
f:id:usakolog:20210828044537j:plain

お土産

定番のお土産で、TシャツやマグカップもNASAらしいですね。

ここに来ると、不思議とワッペンが欲しくなってしまいますよ・・・・

f:id:usakolog:20210828044756j:plain
f:id:usakolog:20210828044750j:plain
f:id:usakolog:20210828044753j:plain

 

 お子様用のリュックや、宇宙服もかわいくて魅力的!

f:id:usakolog:20210828044810j:plain
f:id:usakolog:20210828044759j:plain
f:id:usakolog:20210828044827j:plain

 

ここでしか買えないおすすめのお土産

無重力でもインクが出るように開発されたボールペンは、16ドルとお値段はしますが他では手に入らないのでお勧めです。

f:id:usakolog:20210828044813j:plain
f:id:usakolog:20210828044816j:plain

 宇宙食のアイスは3つで15ドルとお手頃価格。

これもNASAならではのお土産として大人気です。

f:id:usakolog:20210828044802j:plain
f:id:usakolog:20210828044807j:plain
f:id:usakolog:20210828044824j:plain

 

ダウンロードしておくと便利なアプリ

これをダウンロードしておけば、NASAトラムツアー搭乗券の予約、オーディオツアー(英語)、GPSマップ、セルフィーフィルター、バーチャルリアリティを使えます。

https://spacecenter.org/app/

 

入口には英語の地図しかありません。下記は日本語の地図です。

https://spacecenter.org/wp-content/uploads/2016/09/Space-Center-Houston-Map-Guide-JAPANESE-Final.pdf

 

まとめ

宇宙センターに行ったら、トラムツアーは必須です。あまり時間が取れない場合は、ロケットパークが含まれるツアーを選ぶと良いでしょう。

我が家はトラムツアーを2パターンと、映画とトークショー、展示物もゆっくり見学して5時間ほどでした。

夕方からは、車で10分の場所にあるケマーボードウォークの遊園地で過ごしました。

海辺を散歩して、アトラクションを楽しみ、シーフードを食べ、ケマーに宿泊しましたが、すごくお勧めです。

 

www.usakolog.com

ヒューストンの宇宙センターは最先端の宇宙科学に触れることができる場所です。

宇宙という存在が、少し身近に感じられました。

ぜひ機会を作って訪れてみてくださいね。