プラヤデルカルメン 地元民でにぎわうおすすめ激安ローカルレストラン 

f:id:usakolog:20220505041136j:image

カンクン空港から南に65キロ、車で1時間ちょっとでいけるプラヤデルカルメン。

カンクンのホテルゾーンでは味わえないローカルな旅を体験できます。

近年ヨーロッパからの観光客から脚光を浴び、暮らすように過ごす長期滞在者も増えています。今回はプラヤデルカルメンで実際に訪れた、地元の人でにぎわうレストランをご紹介します。

 

プラヤデルカルメンの買い物・レストランの多い場所

プラヤデルカルメンで一番有名な場所といえば、キンタアベニーダと言われるいわゆる5番街です。

下記の地図で赤で矢印をつけている場所が、最もにぎわっていて、徒歩でショッピングや食事を満喫できます。端から端まで歩いても20分ほどです。

この通りを歩けば、おしゃれでインスタ映えするようなレストランが多くあります。でも、この通りは観光客向けのため、お値段は観光客価格のお店ばかり・・・。

勿論その分、創作料理であったり雰囲気もいいので、気になるお店があれば入ってみるものいいでしょう。

f:id:usakolog:20220505031423j:image

 

メキシコといえばタコス 地元民が通うタコス屋さん

f:id:usakolog:20220505035946j:image

El Fogón 

プラヤデルカルメンで3店舗ある有名なタコスやさんです。私が行ったのはウォールマートのそばにある店舗です。

f:id:usakolog:20220505040317j:image

私が平日11時30分ごろ訪れた際、お客さんの入り具合は半分ほどでしたが、ほんの数分で満席、そして外には列ができ始めました。

メニューはこんな感じです。


f:id:usakolog:20220505040701j:image

f:id:usakolog:20220505040704j:image

左上にタコスがのっていますが、1つから注文が可能です。

1番上のPASTORが下記の写真のよく見るタコス屋さんのお肉です。

 

f:id:usakolog:20220505041023j:image

おすすめの注文方法ですが、絶対に注文してほしいのはもちろんパストール。

PASTOR 1つで22ペソ($1.1)です。

PASTOR HARINAと書かれているのは、小麦でできたトルティーヤ。

トルティーヤはコーンの黄色い皮のものがメキシコでは主流ですが、好き嫌いが分かれるようです。お好みで選んでください。サーロインも美味しかったです。

今回はTACO LOCOも注文してみましたが、中に様々なお肉がミックスされていてすごいボリュームです。お味は食感といい色々な味が混ざって絶妙でした。


f:id:usakolog:20220505041118j:image

f:id:usakolog:20220505041115j:image

もう一つのお勧めは、ARRACHERAです

日本でいうハラミ肉なんですが、お肉がマリネされていて柔らかく絶品です。

f:id:usakolog:20220506005140j:image

こちらのお店では$20程度で、2人で思い切り食べてビールまで飲めます。

実際、地元の家族連れがとても多かったです。

地元の人に交じって本場のタコスを味わってみてはいかがでしょうか。

 

地元の魚介を楽しむシーフードレストラン

f:id:usakolog:20220505041452j:image

Mariscos y Clamatos El Doctorcito

せっかく海のそばに来たのですから、ぜひ味わってみてほしいのが地元のシーフードです。お値段も手ごろで人気のレストランです。

 

f:id:usakolog:20220505041710j:image

メニューはこんな感じです。

メキシコでシーフードといえば、セビチェと言われるシーフードをライムや香辛料であり寝したものが有名です。

我が家は今回注文したのは

 CEVICHE MIXTO DOCTORICO エビやタコなどのマリネ

COCTELES CAMARON エビの甘酸っぱいソース漬け

DOCTORCITO SASSHIMI マグロのカルパッチョ

を注文してみましたが、どれも本格的でさっぱり!

こちらのお店オリジナルのマグロが一番の驚きでしたが、まぐろなのに味が牛タンみたい?でとろけるようなおいしさでした。

大きさも選べるのですが、どれも小さい方を選びましたが、これで我が家は食べきれないほどでした。ほかに、シーフード系のタコスなども試す予定でしたがそこまで胃袋に空きが見つからず断念しました。


f:id:usakolog:20220505042136j:image

f:id:usakolog:20220505042139j:image

f:id:usakolog:20220505042142j:image

そしてこちらのお店で人気のカクテルも試してみました。

ROJO OJOというカクテルです。日本ではレッドアイといえばピンとくるでしょうか。

このカクテルはトマトジュースにお店独自のスパイスなどをアレンジしたもの。

そこに自分の好きなビールを注文して注ぐと完成です。

お店の人にどのビールが合うかきくと、ドスエキスのアンバーだということでそちらをチョイスしました。

アンバーは黒ビールなんですが、ドスエキスの緑の瓶のラガーに比べると、少し重めでコクがある感じで、まさにこちらのカクテルにぴったりでした。

こちらのお店のロホオホは、コップ一杯(と言ってもジョッキ)もしくは1リットルのものを注文でき、好きなだけビールを入れて飲むスタイル。

人気なだけあり、メキシコの気候とシーフードにぴったりです。ビールはあまり好きでない私ですが、こちらはお勧めです。良ければ試してみてください。

f:id:usakolog:20220506010145j:image

こちらのお店では、$30程度でシーフードとカクテルを満喫しました。

新鮮な魚介が食べたくなったら、行ってみてはいかがでしょうか。

 

メキシコの朝ごはん・デサジュノを楽しむレストラン

f:id:usakolog:20220505042449j:image

Restaurante Nativo

メキシコでは朝食のことをデサジュノとよび、家族や友人とランチというよりは、デサジュノにいくことがよくある文化です。

こちらは、典型的なメキシコの朝食とフレッシュジュースが有名なお店です。

f:id:usakolog:20220505042558j:image

早朝からお店の前には人だかりが・・・・。

この人たちはこのお店のフレッシュジュースをテイクアウトで買いに来ている人なんです。人気ぶりがよくわかります。

私たちは店内で朝食を頂くため、列には並ばず中に入れてもらえました。

f:id:usakolog:20220505042705j:image

メニューはこんな感じです。

まずはもちろんフレッシュジュースを選びます。

私は無難にマンゴーとオレンジのジュース、夫はパイナップル、ホウレンソウにオレンジとはちみつ入りのジュースを選びました。

新鮮で、しかも1杯45ペソ($2.3)と格安。写真ではわかり辛いのですが、これ、750mlくらい入ってるんです・・・。

飲みきれない場合はもちろんお持ち帰りできるので安心してください。

f:id:usakolog:20220505042732j:image

 

朝食は、ウエボスランチェロス(目玉焼きにサルサのかかったもの)とパンケーキを注文しました。ボリューム満点の朝食です。


f:id:usakolog:20220505042808j:image

f:id:usakolog:20220505042811j:image

こちらのレストランではジュースとメインで2人でチップ込み300ペソ程度($15)

やはり物価が安いってありがたいですね。

とはいってもフレッシュジュースは、同じプラヤデルカルメンのキンタアベニーダで飲んだ時、値段はまさに倍以上でした。

中心からは少し離れた場所ですが、行く価値あるかと思います。

美味しいジュースを飲みたくなったら行ってみてください。

 

プラヤデルカルメンの本格ラーメン屋SAKURA RAMEN

プラヤデルカルメンで、本格的な日本の博多ラーメンが食べれるということで、今回楽しみにしていました。

お店を探しましたがなかなか見つかりません。グーグルマップではすでに開店している表示されていたのでにぎわってるかなと思いながらよく探しててみると・・・。

なんと!しまっていたのです。静かなはずです。

そして無情な張り紙が。

店主が日本に一時帰国のためしばらくお休みとのこと・・・・。

しょうがないですよね(涙)

誰だって日本にたまには帰国したいですもの。

ということで、次回必ずチャレンジしたいと思っています。

情報によると日本と同じくらいのお値段で、本格的なラーメンが頂けるようです。

どなたか行かれたら、感想をお聞かせください。

 

 

メキシコのレストランのチップについて

メキシコでレストランでサービスを受けた際、一般的に言われているチップの額は、総支払金額の10%から15%です。

でも、周りをみていると最近のインフレにともない、チップも多く払っている人が多いように感じました。

チップの払い方

クレジットカードで支払う場合、客席にカードリーダーを持ってきてその場で支払う場合は、チップは?と聞かれます。

その場合、パーセンテージで答えます。

サービスがすごく良ければ18%

まあ満足なら15%

不満でも10%

と言った感じです。

お店によって、強制のようにチップは15%でお願いしますと書かれてあるお店もあるので、15%が目安だと考えておけば良いと思います。

 

クレジットカードで支払後に用紙を持ってくる場合のお店では、下の方にチップを書き込む欄と、トータル金額を書き込む欄があります。

細かいチップの計算が面倒な場合は、総金額だけ書きこんでも大丈夫です。

またカードで支払いをして、チップだけ現金をテーブルに残していっても大丈夫です。

 

ちなみにプラヤデルカルメンのレストランでは、ほとんどがクレジットカードを利用ができますが、まれにできないお店もあるので、多少のメキシコペソは用意した方がいいと思います。

 

街中には日本円やドルの交換所があります。

キンタアベニーダを歩けばすぐ見つかるかと思います。

街中ではどこで替えても大した差はなく、空港よりはレートがよかったです。

 

まとめ

プラヤデルカルメンのレストランで気になるところはありましたか?

カンクンのホテルゾーンでは、こんな安くておいしいお店はありません。

プラヤデルカルメンのキンタアベニーダ付近のお寿司を試してみましたが、お値段も割高で、味もいまいちでした。

やっぱり、地元のものがおいしいかな?

 

プラヤデルカルメンのレストラン、行ってみたいローカルなお店がたくさんありました。地元の人と触れ合いながら、ご当地グルメを楽しむ旅はとても楽しかったです。

一度訪れてみてはいかがでしょうか。