海外赴任 持っていくべきもの【雑貨編】

f:id:usakolog:20210522074434j:image

海外赴任が決まったら、とにかく買い物を始めましょう。実際に持ってきて良かったものをまとめました。

 

 引っ越し荷物はアメリカ生活充実のスタートをきるために重要です。

一時帰国で買い足そうと思っていても、エコノミークラスであれば、1人につきスーツケース2個まで23キロ以下と限られています。

しかも今度いつ帰れるかわからない日本ですから出来るだけ沢山送りましょう。

キッチン関係

今手持ちのもの古いものは断捨離して、必要なものを買い足して一通り持っていくといいです。

もちろんアメリカには可愛いキッチングッズが沢山ありますが、日本人しか使わないものもありますので、使い慣れたものを持っていくことをお勧めします。

 

雑貨系

  • キッチンバサミ
  • 包丁
  • 包丁とぎ
  • 泡だて器
  • ゴムベラ
  • 計量カップ
  • 計量スプーン
  • キッチンスケール
  • しゃもじ
  • ワインオープナー
  • まな板
  • 野菜スライサー
  • キャベツスライサー
  • すり鉢
  • おろし器
  • ピーラー
  • 茶漉し
  • おたま
  • れんげ
  • フライ返し
  • ゴムベラ
  • オイルポット
  • 缶切り
  • 巻き寿司用すだれ
  • 寿司桶
  • 鍋敷
  • 目玉焼きメーカー 
個人的にお勧めしたいのはジョセフジョセフの目玉焼きメーカー、フライパンにおいて、上から卵を割り入れ、お水を穴に注ぐだけで、キレイな目玉焼きができます。
とてもお気に入りの商品です。
 

 

これは使っておられる方も多いかもしれませんが、本当に一瞬でキャベツの千切りができます。私はかなりのヘビーユーザーです。

消耗品系

  • お箸
  • さいばし
  • ストロー
  • キッチンスポンジ
  • ゴム手袋
  • 爪楊枝
  • 割り箸
  • 竹串
  • 使い捨てのお弁当箱
  • お弁当用のおかずカップ
  • お菓子作り関係の紙型(パウンドケーキなど)
  • お茶の紙パック

 

日本の方が優れているものが安いので余裕があれば持ってくると役立ちます。

また、サランラップやアルミホイルも、こちらのものは使い勝手が悪いという方もいらっしゃるので、持ってきてもいいかもしれません。私はCOSTCOのものを使用しています。

 

お鍋類

  • 卵焼き用のフライパン
  • フライパン
  • 片手鍋
  • 深めの鍋
  • 圧力鍋
  • シャトルシェフ
  • 蒸し器

底の丸い中華鍋はオール電化の場合が多いため使えないかもしれません。

電気のコンロですが、IHというわけではないので、IH対応のものである必要はありません。

 食器類

  • 日常的に使えるお皿
  • 和食器
  • 箸置き
  • お客様用のティーカップセット
  • 茶碗蒸しの食器
  • グラス類一式
  • 急須
  • 麦茶ポット

基本的には日本独自のもの以外は買えます。

 

その他

  • お弁当箱
  • スープジャー
  • 保冷の水筒
  • お箸箱
  • お重箱
  • お菓子やパン作りに使用するグッズ

 

ジップロックや、タッパーは豊富で安く買えるのですが、お弁当の習慣がないので、お弁当箱関係は持参した方がいいと思います。

お菓子やパンを作る為のものは、例えばメン棒であったり、スキッパーなども日本のものの方が使いやすいです。

 

 

シャトルシェフはご存じでしょうか。お鍋に材料を入れて、火にかけ沸騰したら鍋ごとケースに入れるだけで、そのまま保温調理してくれる超優れもののお鍋です。煮崩れしやすいものもほっこり仕上がり、火にかける時間は10分ほどのため節約になります。
また長時間保温し続けてくれるため温めなおす手間がありません。お使いでない方は駐在を機にぜひ購入されてはいかがでしょうか。

洗面・洗濯用品

  • 洗面器
  • 高めのバスチェアー
  • バススポンジ
  • バスブーツ
  • シャワーヘッド
  • 石鹸おき
  • バスマット
  • 洗濯ネット
  • 室内用物干し
  • 便座カバー

 

こちらでは洗濯は全て乾燥機にかける文化なので、洗濯を干すことができません。ベランダに干すことは禁止されている為、小さなものでいいので物干しはマストアイテムです。

 

 

基本、立ったままシャワーを浴びるのでバスチェアはあまり売られていません。

ちいさなお子様の髪を洗ってあげたりする方は買ってきた方がいいと思います。

また、シャワーヘッドも繊細なシャワーや、水圧が欲しい方は買ってくるといいでしょう。塩素除去ができるタイプなどができるタイプなどもあり、私も日本のヘッドのほうが使いやすいため買ってきました。

 

便座カバーですが、我が家は使っていません。

ウォームレットはないので、冷たくて我慢が出来ないと思われる方は必要でしょう。

 

化粧品・衛生用品

  • 化粧水
  • 乳液
  • 美容液
  • 日焼け止め
  • 洗顔
  • メイク落とし
  • メイク用品一式
  • ヘアー用カラーリング材(ガスなし)
  • ヘアブラシ
  • コンタクトレンズ
  • 綿棒
  • 爪切り
  • 耳かき
  • 化粧用コッコン
  • 生理用ナプキン
  • 歯ブラシ

 

マニキュアと除光液は引っ越し荷物に入れることができませんのでご注意下さい。

 

自分が使い慣れた化粧品が1番です。

特に化粧水はアメリカのものは拭き取りタイプのものが多く肌を保湿するタイプのものがあまりありません。また香料がすごいです。

クリニークや、キールズなどをもともと使っている方はこちらの方が安く買えます。

私は肌が強い方なのですが、渡米後は今までにない乾燥のせいなのか、原因はわかりませんが肌が荒れて大変でした。

保湿重視の化粧品をまずは持ってこられるといいと思います。

それから、生理ナプキンはあれば絶対良いです。こちらで1番有名な「allways 」なら良いと聞いていたのですが、私はかなりビニール感を感じて蒸れるので日本製のものを一時帰国で買ってきました。日本食材のスーパーにありますが、普段250円で買ってる様なものが10ドルくらいで売られているので、私自身は勿体無くて買えません🥲

歯ブラシは、ヘッドが小さいものがほとんど売られていません。

オーラルbなでたまに見つけると1本4ドルだったりするので、デンターシステマなど、こだわりの歯ブラシは持参したほうがいいです。

 

こちらは口から飲むものは、引っ越し荷物では一切送れないので手荷物になります。

湿布薬などは引っ越し荷物に入れると良いです。

引っ越し荷物用

  • 消毒液
  • 湿布薬
  • キズパワーパッド
  • バンドエイド
  • 虫除け(ガスなし)
  • 体温計
  • 防災セット

手荷物用

  • 常備薬
  • 常用しているビタミン剤
  • 風邪薬
  • 頭痛薬
  • 下痢止め
  • 胃薬
  • 虫刺され薬
  • 紙のマスク
  • 処方薬

こちらでも買えますがとっさの時にやはり使い慣れたものをとりあえずは一式持ってくると安心です。

裏技ですが、処方薬はかかりつけ医に行って海外に行くから薬を出して欲しいと言うと、たいていは出してくれます。

何がいいか聞かれたら、

サワシリン(広い菌に効く抗生物質)

カロナールかロキソニン(解熱鎮痛)

PL(総合感冒薬)

リンデロン(抗生物質が入った塗り薬)

などがあれば安心でしょう。

どれも、普段ちょっとした風邪や扁桃腺の腫れで病院に行った時に処方してもらうものですが、アメリカだと気軽にに1人で病院には行けないのであると安心です。

持参の際は何の薬かきかれたときのために、必ず処方箋とともに持っていきましょう。

 衣類

  • 普段着
  • 礼服とお葬儀グッズ
  • パジャマ
  • 下着類
  • ちょっとした会の為のワンピース
  • (浴衣)
  • お気に入りのブランドの靴

 

手持ちの服はもちろんですが、こちらに来ると日本でのような格好をしていると目立ってしまいますし、普段の服装もアメリカっぽくなってくるので、あまり買ってくることもないと思います。

ただ、日本人同士で会う時は、個人的には日本で流行っているような服装をした方がいいかなと思っています。

パジャマと下着類は、綿100%のものを見つけるのは困難なので、特にお子さんがいる方は多めに買ってきてあげた方がいいと思います。

浴衣も子供の学校のお祭りなどがある方は、あるといいかなと思います。

ネットならセットでもすごく安く売られています。

 

その他

  • お気に入りの枕と枕カバー
  • 衣類の防虫剤
  • 本、ブックオフなので大量買いがおすすめ
  • キンドル 電子書籍に抵抗のない人はこちらがおすすめ
  • 傘、日傘
  • 裁縫道具
  • 輪ゴム
  • ミシン

枕はあまりいいものを見つけられていないので、安眠には重要なアイテムだから持ってきた方がいいかもしれません。

防虫剤は、日本で使用しているようなものはありません。クローゼット用なども持ってくるといいと思います。

 

船便、航空便ともに送れないものがありますので、詳しくは日通さんのページがわかりやすいです。

www.nittsu.co.jp

 

まとめ

自分が常に買っているものを思い出して、重量が許す限り持ってくることをお勧めします。

アメリカにきてみると、値段が高い割に品質が悪いものが多いので100円ショップなどを利用して賢く買い物をしてくるといいと思います。

一応アメリカにはDAISOがあります。

ただし日本100円のものは1.5ドルです。我が家も利用していますが、ミスミス高く買わなくても、買ってこれるものは持ってくるといいですね。

ご準備は大変かと思いますが、良いスタートが切れますように。

こちらの記事もおすすめです

www.usakolog.com

 

こちらの記事もおすすめです

www.usakolog.com