一番安いPCR検査 海外渡航 アメリカ用陰性証明発行可能 PCR3980円から

 

f:id:usakolog:20210718002705p:plain



現在アメリカへ入国するためには、PCR検査が義務化されています。会社が負担してくれるならともかく、我が家は自費なので出来るだけ最安値でPCR検査を受けられる機関を調査しました。2021年12月再調査

 

アメリカ行きの飛行機に搭乗条件

アメリカのCDCが2021年1月26日から、航空旅客は、米国へのフライトが出発する前の3日以内にウイルス検査(現在の感染状況の検査)を受け、検査結果の書面による文書(紙または電子コピー)を航空会社に提供するか、 COVID-19から回復した証明書を掲示しなければならない。

また航空会社は、搭乗する前に、すべての乗客の陰性検査結果または回復の文書を確認する必要があります。

乗客が陰性証明またはコロナ回復の文書を提供しない場合、または検査を受信していない場合航空会社は乗客への搭乗を拒否する必要があるとしています。

つまり、アメリカ行きの飛行機に乗るためには、PCR検査を受けて陰性証明を発行してもらわなければ、飛行機の搭乗すら拒否されてしまうわけです。

 

更に2021年12月06日より「1日以内」に変更となりました。

また、入国にはワクチン接種証明書が必要です。


ご搭乗チェックインの際に航空会社へご提示が必要となり、陰性証明をご提示頂けない場合は、ご搭乗拒否の対象となります。

東京で陰性証明が発行できる病院のPCR検査料は?

アメリカに帰るために、色々調べてみました。

成田空港内のPCR検査所

日本医科大学成田国際空港クリニック
成田国際空港 PCRセンター

電話
0476-34-6805 (9:00〜21:00)
090-9002-4829 (21:00〜翌9:00)

ホームページ

https://www.nms-pcr.com/

 

f:id:usakolog:20210409160755p:image

 

羽田空港第3ターミナルクリニック

東邦大学羽田空港
第3ターミナルクリニック
東京都大田区羽田空港2-6-5
電話 03-5708-8011

ホームページ

https://www.haneda.toho-u.ac.jp/international/information/2020PCR.html

 

f:id:usakolog:20210409184937j:image

 

品川イーストクリニック

東京都港区港南2-15-2 
品川インターシティB棟2階
電話 03 5783 5521

ホームページ

https://e-clinic.gr.jp/

 

f:id:usakolog:20210409160959j:image

 

メディカルクリニック渋谷

渋谷区渋谷3-29-17

JR東日本ホテルメッツ渋谷2階

電話 036418 0024

ホームページ

https://www.nc-shibuya.com/clinic/#access

f:id:usakolog:20210409161515j:image

にしたんクリニック

渋谷、銀座にあり

PCR検査は郵送のみ

予約専用0120-222-545
お問合せ専用窓口03-5422-3061

ホームページ

https://www.nishitanclinic.jp/about/#concept

f:id:usakolog:20210409161753j:image

 

三田国際ビルクリニック

港区三田 1丁目4番28号 三田国際ビル3階

電話 0334548614

ホームページ

https://www.mkb-clinic.jp/

 

f:id:usakolog:20210409163306p:image

 

人形町玉寄クリニック

東京都中央区日本橋人形町1丁目12ー11リガーレ日本橋人形町105

電話 03 3661 5555

https://tamayose-cl.jp/

f:id:usakolog:20210409163655j:image

全て病院のホームページから、

料金は載せさせて頂きました。

 

聖路加国際病院

東京都中央区明石町9-1

電話 0335415151

ホームページ

http://hospital.luke.ac.jp/topinformation/news/20200624.html

 

f:id:usakolog:20210409200318j:image

 

だいたい陰性証明書の出せる海外渡航対応のPCR検査は

2万円から4万円とかなりの高額です。

町中では3千円で検査をしてくれるところもあるのに海外渡航用というだけで、かなりの高額になります。

最安値の海外渡航用PCR検査は?

色々調べた結果、最安値のTケアクリニックの郵送検査、オンライン診療を注文することにしました。

9900円の検査キットを注文して、陰性証明をもらうためには別途5000円が必要になります。それでも、他の病院に比べれば随分安いです。

14時までに注文すれば翌日には手元に届きます。

 

検査キット

f:id:usakolog:20210412163518j:image
f:id:usakolog:20210412163515j:image

このようなものが届きます。

f:id:usakolog:20210412163805j:image
f:id:usakolog:20210412163802j:image

採取方法は写真の通りですが、陰性証明が必要なので、オンラインで診療を申し込みます。

 

オンライン診療を受けながらの検体採取でないと陰性証明が発行してもらえませんので注意が必要です。

 

日にちと時間が予約できるので、オンラインで申し込みと支払いを済ませると、予約時間が了承されれば連絡がきます。

 

オンライン診療で検体採取

予約時間前に、医師からお電話をいただき質問に答えます。

その後ズームで医師の方のおっしゃる通りに唾液を採取して、きっちりと封をして、病院に郵送します。

普通郵便だと140円ですが、念のため490円の速達で出すといいと思います。

返送費用はこちらの負担になります。

 

陰性証明書

検体が病院に到着すると、メールで連絡があります。

検査結果はその後24時間程度で出ます。

私には早めに出たので、早めに連絡を下さいました。

英語の陰性証明をお願いしました。

f:id:usakolog:20210412172035j:image

このような証明書がメールで届きます。

 

検査を依頼してよかったこと

おすすめポイント

●来院が不要(感染の恐れがない)

●唾液を自分で出すだけで簡単に検査できる

●迅速に結果が出る(24時間以内)

14時までに到着すれば当日中に結果が出る。

●英語の陰性証明書を発行してくれる

●厚労省・経産省の検査証明機関に登録されている

こちらの病院を利用したおかげで、病院へ行く手間も省ける上に、ずいぶんお安く検査出来ました。

結局、税込にすると検査代10900円と陰性証明書代5500円と速達代490円を合わせて16890円でした。

自分としては大満足です。

 

もし、不安で来院を希望している方、お急ぎの方は浜松町から徒歩3分なので直接来院することも可能です。(ただし来院のほうがお値段は高くなります。)

 

【PCR検査はTケアクリニック】来院検査は当日予約・検査可能

 

海外渡航用で最安値のPCR検査をお探しの方にお勧めします。

 

 

2021年12月30日追記 再調査最安値更新

最近さらに安い陰性証明が発行可能なPCR検査機関ができていました。

ブレインクリニック

郵送検査ならこちらの検査機関

(ただし、郵送だと現在の陰性証明はアメリカ行きの場合は1日前にという条件のため、厳しいかもしれません。)

 

365日検査可能

②唾液を採取後発送 到着後3時間で結果をメールで通知

③PCR検査クイック+陰性証明書  9980円(税込み)

検査キットが届いたら、ご自身で唾液を採取していただき、検体と身分証明書のコピーをご返送いただきます。
検体が到着してから、最短3時間以内に、検査結果(陰性/陽性)と陰性の場合は、陰性証明書のダウンロードURLをメールで通知します。 

海外渡航用 陰性証明にも対応しています。

詳細は下記からご確認ください。

 

ピカパカPCR検査センター

東京・神奈川・大阪にお住まいの方は3980円から来院検査ができる機関

検査できる場所は、新橋、関内、渋谷、横浜、新宿、池袋、大阪駅前第2ビルです。

 

①年末年始も休まず検査

当日予約 当日結果対応

③検査結果は24時間以内

④電話相談可能

➄PCR検査 3980円(税込み)

 アメリカ用陰性証明書発行 5500円(税込み)

 

自治体による無料検査も対応可能な機関です。

 

 

ピカパカPCR 検査センターは私が利用したTケアクリニックの提携期間です。

アメリカ行きの陰性証明発行には慣れているかと思いますので安心です。

 

私が以前利用した際より、便利で安く検査が可能になっていますね。

良ければ利用してみてください。

 

*渡航先によって時間的制約がありますので、渡航日によっては陰性証明証の発行が間に合うのかよくご確認ください。
*搭乗・入国に関する必要書類・PCR検査の種類・条件に関しましては、ご自身で確認してください。
*陰性証明書の様式は、国によって予告なく変更される場合があります。渡航前に、ご自身で最新情報をご確認ください。  

 

 

こちらの記事もおすすめです

www.usakolog.com

 

こちらの記事もおすすめです

www.usakolog.com